Free【週間ダイジェスト】1月10~16日

▽洋野で伝統行事「なもみ」
 洋野町大野の林郷地区に伝わる伝統行事「なもみ」が10日、同町の種市海浜公園駐車場と道の駅おおの駐車場で行われた。無病息災や子どもの健やかな成長を願う「なまはげ」に似た伝統行事で、約200年の歴史がある。林郷青年会が毎年実施しており、今年は新型コロナウイルス感染防止のため、子どもを抱きかかえることなどはせず、車内で待つ子どもを鬼が歩いて回った。

 ▽青森山田、王座奪還ならず
 第99回全国高校サッカー選手権は11日、さいたま市の埼玉スタジアムで決勝を行った。2年ぶりの頂点を目指した青森県代表の青森山田は山梨学院にPK戦の末敗れ、2大会連続の準優勝となった。

 ▽青森県が豪雪警戒本部を設置
 青森県内全域で大雪による交通障害や事故が起きている状況を受け、県は12日、庁内に豪雪警戒本部を設置し、関係機関と連携して対応する方針を確認した。同様の態勢を取るのは2016年2月以来、5年ぶり。

 ▽百石えんぶりが中止
 おいらせ町の百石郷土芸能保存会は12日、今年の「百石えんぶり」(2月15~17日)を中止すると明らかにした。新型コロナの感染拡大に伴い、練習での対策の徹底が難しいことなどから判断した。

 ▽むつで初の感染確認
 青森県は13日、むつ保健所管内を含め、県内で新たに13人の新型コロナ感染を確認したと発表した。むつ管内での感染判明は初めてで、むつ市によると市内在住者。これで県内全ての圏域で感染が確認されたことになった。

 ▽元西目屋村長、3回目の逮捕
 西目屋村が発注したパソコン購入の指名競争入札で、特定の業者に落札させるよう便宜を図ったとして、弘前署と青森県警捜査2課は14日、官製談合防止法違反と公契約関係競売入札妨害の疑いで、元村長の関和典容疑者(53)=同村田代稲元=を再逮捕した。逮捕は3回目。

 ▽YS初の国際大会中止
 八戸市屋内スケート場「YSアリーナ八戸」で供用開始以来初の国際大会となる世界ジュニアスピードスケート選手権(2月19~21日)について、国際スケート連盟(ISU)は15日、中止すると発表した。

 ▽大学入学共通テスト実施
 大学入試センター試験の後継として初めてとなる大学入学共通テスト第1日が16日、全国一斉に行われた。青森県内では8会場で4480人が出願した。