キリバスの現状から地球温暖化学ぶ 八戸工大二高、付属中生徒

地球温暖化について意見を交わす生徒とケンタロ・オノさん(左から2番目)
地球温暖化について意見を交わす生徒とケンタロ・オノさん(左から2番目)
地球温暖化や気候変動について理解を深める講演会が13日、八戸工大二高で開かれた。同高1、2年生と付属中の1~3年生が、温暖化による海面上昇で浸水の危機に直面している太平洋の島国・キリバスの現状を通して、環境保全の必要性を学んだ。 同高が取り.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら