Free朝のニュースダイジェスト(1月14日)

【むつ管内で初のコロナ感染者】
 青森県は13日、13人の新型コロナウイルス感染確認を発表。保健所管内別では、八戸市と上十三が各2人、むつ1人など。むつ管内の感染判明は初で、市内在住者。

【事故起こした教諭ら懲戒処分】
 青森県教委は13日の定例会で、交通人身事故を起こした特別支援学校勤務の女性教諭(62)、三八地域市部以外の小学校女性講師(30)ら3人を戒告の懲戒処分にしたと発表。

【男子リレー東北中2位】
 スキーの青森県中学校大会最終日は13日、大鰐町で行われ、男子距離リレーでは東北が2位。同回転では中野渡慶大(十和田一)が2位、橋端有也(新郷)が4位だった。

【国体、成年は神奈川と初戦】
 国体冬季アイスホッケー競技会(27~31日・愛知県)の組み合わせが13日、決まった。青森は少年、成年とも1回戦から登場。成年は神奈川、少年は開催地の愛知と対戦する。

【南部の舞楽面など県重宝に】
 青森県教委は13日、南部町斗賀神社内のお堂「斗賀の霊現堂」の舞楽で使われていたとされる木造舞楽面11面、猿楽面1面と龍頭4点を県重宝(彫刻)に指定した。