Free高齢者宅の雪かきに出動 六ケ所村職員互助会がボランティア

高齢者宅の除雪に汗を流す六ケ所村役場の職員
高齢者宅の除雪に汗を流す六ケ所村役場の職員

六ケ所村職員互助会(橋本洋光会長)は9日、村内の高齢者世帯で除雪ボランティアを行い、参加者34人が玄関前や軒下などに降り積もった雪の片付けに汗を流した。

 互助会は村役場の全職員で組織。ボランティアはここ数年、少雪傾向のため実施していなかったが、今年の大雪を受けて久々の出動となった。同日は福祉課がリストアップした65歳以上世帯の中から泊、平沼、内沼地区などの14世帯で作業に当たった。

 参加者は、1メートル以上の積雪で窓ガラスが埋まった軒下や、玄関から道路までの通路を丁寧に雪かきした。初めて参加した農林水産課の吉田孝太さん(20)は「雪が多くて大変だったが、困っている高齢者のために働けたのでやりがいがあった」と笑顔を見せた。

 ボランティアを依頼した同村倉内唐貝地の今いせさん(87)は、「1人暮らしで雪かきが難しかった。言葉にできないくらいありがたい」と感謝していた。

 村福祉課によると、今年の大雪で、高齢者からの村に対する除雪の依頼は多いときで1日10件以上に上る。村は、病気や障害を持ち、近くに親族がいない高齢者に対しては職員を派遣したり、自治会などに依頼したりして対応しているという。また、同課は互助会に対して再び出動を依頼することも検討中だ。

 高齢者の除雪に対する問い合わせは同課=電話0175(72)8140=へ。