Free全国高校サッカー準V、青森山田サッカー部が帰校

「応援してくれた方々に感謝したい」と話す藤原優大主将=12日、青森市の青森山田高
「応援してくれた方々に感謝したい」と話す藤原優大主将=12日、青森市の青森山田高

第99回全国高校サッカー選手権で準優勝した青森山田イレブンが12日、青森市の同校に帰着した。サッカー部員や教職員約300人が選手らを大きな拍手で出迎え、大舞台での健闘をたたえた。

 青森山田は11日にさいたま市の埼玉スタジアムで行われた選手権決勝で山梨学院と対戦。2年ぶりの頂点には届かなかったが、PK戦にもつれる熱戦を展開した。

 選手らを乗せたバスは午後4時45分ごろに学校へ到着した。出迎えを受けた黒田剛監督は「新型コロナウイルスの影響を受けながらも、準優勝という結果を残せたことをうれしく思う」とあいさつ。花田惇校長は「来年の100回大会でリベンジしてくれると確信している」と激励した。

 藤原優大主将は「準優勝はものすごく残念」と悔しさをにじませながらも、「素晴らしい仲間に囲まれてサッカーができた。応援してくれた方々に感謝したい」と晴れやかに語った。