新郷村の自然薯栽培10年目 20年産、過去2番目の出荷量/品質年々向上

2020年産の自然薯の選別作業などを行う関係者=同年12月、新郷村
2020年産の自然薯の選別作業などを行う関係者=同年12月、新郷村
新郷村の呼び掛けで始まった村内の自然薯(じねんじょ)栽培が、本年度で10年目を迎えた。2020年産の出荷量は、記録が残る13年以降で過去2番目に多くなるなど、収量、品質とも年々向上しており、市場の評価が高まる。一方、栽培技術の確立などが課題.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら