【斗南藩ゆかりの地探訪】(7)白虎隊供養碑(三戸町)

観福寺に残る白虎隊供養碑(中央右)。1868年の白虎隊自刃からわずか3年後に建立されており、最古の供養碑とされる=三戸町同心町
観福寺に残る白虎隊供養碑(中央右)。1868年の白虎隊自刃からわずか3年後に建立されており、最古の供養碑とされる=三戸町同心町
三戸町同心町の観福寺の境内に、歳月を重ねた1基の墓碑がたたずむ。正面に刻まれているのは、会津藩の少年兵たちの名前と、「忠烈古今罕(まれ)ナル白虎隊ノ英魂ヲ弔ワン」の文句。戊辰戦争(1868~69年)で新政府軍と戦った同藩の少年兵部隊「白虎隊.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら