【新型コロナ】三沢市内2飲食店名公表から1週間/市民に不安広がる

三沢市内での感染確認を受け、ランチ営業を始めた工藤亮さん。徹底してきた感染防止対策を続けながら「今はできることをやるほかない」と歯を食いしばる=8日、同市の「炭火焼いろり」
三沢市内での感染確認を受け、ランチ営業を始めた工藤亮さん。徹底してきた感染防止対策を続けながら「今はできることをやるほかない」と歯を食いしばる=8日、同市の「炭火焼いろり」
三沢市内の飲食店2店舗で従業員が新型コロナウイルスに感染し、利用客を特定できない恐れがあることから青森県が店名を公表してから10日で1週間が経過した。そのうち1店はクラスター(感染者集団)発生と判断され、市内では感染経路不明の市職員も確認。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら