時評(1月10日)

原発敷地外で使用済み核燃料を保管する中間貯蔵施設(むつ市)の共用案が浮上した。全国の原発では貯蔵プールが逼迫(ひっぱく)し、搬出先となる再処理工場(六ケ所村)も完成延期を重ねる。構想の旗を振る電気事業連合会は、貯蔵対策の柔軟性が高まり「核燃.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録