Free朝のニュースダイジェスト(1月8日)

【青森県内各地 大荒れ】
 低気圧が急速に発達し、強い冬型の気圧配置となった影響で青森県内は7日、各地で吹雪になるなど荒れ模様の天気となった。

 【4都県に緊急事態宣言・北奥羽の受験生ら警戒感】
 新型コロナウイルス特別措置法に基づき、4都県に再発令された緊急事態宣言に、北奥羽地方でも受験シーズンを迎える高校生らの不安や警戒感が高まっている。

 【県立高志望倍率 初の1倍割れ】
 2021年3月の青森県内の中学校卒業予定者に対する県教委の進路志望状況2次調査によると、県立高(全日制課程)志望倍率は0・98倍で過去最低。1倍を切るのは初。

 【上十三、青森市、弘前管内で8人感染】
 青森県は7日、上十三、青森市、弘前の3保健所管内で計8人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表。うち5人は、帰省などで県内を訪れた県外関係者との接触で感染。

 【小屋畑川(久慈)改修着手へ】
 岩手県は7日、2019年の台風19号で氾濫した小屋畑川(久慈市)で、河道を切り替える河川改修事業の実施を決定したと発表。総事業費は70億円で26年度の完了を目指す。