【西目屋村官製談合】村長の関被告、文書で陳謝「進退考えて伝える」

官製談合防止法違反罪などで起訴された西目屋村長の関和典被告(53)が7日までに弁護士を通じ、自身の進退を検討していると記した文書を村議会の桑田豊昭議長に送った。文書の中で、事件について「迷惑を掛けた」と陳謝し、進退は「よくよく考えてお伝えし.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら