小屋畑川(久慈)の河道切り替え 26年度完了へ/岩手県、事業費70億円

岩手県は7日、2019年10月の台風19号で氾濫した小屋畑川(久慈市)で、河道を切り替える広域河川改修事業の実施を決定したと発表した。総事業費は70億円。国の補助を受けて21年度の事業着手、26年度の完了を目指す。 諮問機関である県政策評価.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら