コロナ禍でも「子どもを笑顔に」 工大二高生が食品の無償提供展開

放課後児童クラブの児童に食料を渡す生徒たち=昨年11月、階上町(八戸工大二高提供)
放課後児童クラブの児童に食料を渡す生徒たち=昨年11月、階上町(八戸工大二高提供)
子ども食堂のプロデュースを目指して活動する八戸工大二高2年の生徒22人は、地域の放課後児童クラブにお菓子などの食品を無料で提供するフードパントリーを展開している。新型コロナウイルスの影響で思うように活動ができない中、「少しでも地域の子どもた.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら