Free7、8日は暴風雪の恐れ/青森県内

急速に発達する低気圧と冬型の気圧配置が強まる影響で、青森県内は7日から8日朝にかけて警報級の暴風雪が見込まれる。青森地方気象台は6日、猛吹雪や吹きだまりによる交通障害などへの警戒を呼び掛けた。

 同気象台によると、三八上北と下北では7日朝から暴風雪が、同日昼過ぎからは大雪が予想される。

 7日の県内の24時間降雪量は平地の多いところで30センチ、山沿いで40センチ、8日は平地30~50センチ、山沿い50~70センチ。7日の予想最大風速は、三八上北と下北の陸上で16メートル。波の高さは三八上北と下北で3メートル、陸奥湾で2・5メートル。

 東北地方整備局なども同日、ドライバーに対し、大雪による道路での立ち往生などに警戒するよう呼び掛けた。

 荒れた天気は9日ごろから徐々に収まる見込み。