愛好者49人、指し初め楽しむ/新春恒例将棋大会

専用のパーティション越しに指し初めする参加者
専用のパーティション越しに指し初めする参加者
今年の北奥羽将棋界の幕開け大会となる第48回新春恒例将棋大会(日本将棋連盟八戸支部主催)が3日、八戸市のデーリー東北新聞社で開かれた。青森県南、岩手県北両地方から参加した49人が、3クラスに分かれ新年の指し初めを楽しんだ。 同支部は新型コロ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら