時評(1月6日)

今年は国の在り方を決める上で極めて重要な「エネルギー基本計画」が改定される。脱炭素は世界の潮流だ。菅政権は「2050年までに温室効果ガスの排出を実質ゼロにする」との目標を掲げている。新しい年はその本気度が問われる。まず未来に責任を持てる基本.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら