【北奥羽丑(うし)物語】(2)福一満虚空蔵菩薩堂の臥牛像(八戸市南郷)

地元の人々の信仰を集める「虚空蔵さん」の臥牛像=2020年12月、八戸市
地元の人々の信仰を集める「虚空蔵さん」の臥牛像=2020年12月、八戸市
2021年は丑(うし)年。私たち人間は、古くから農耕や運搬の労力として牛の力を借り、命を頂いて肉を味わってきた。冷涼で自然豊かな北奥羽地域は牛の生育に適した環境で、畜産も盛ん。各地で特徴のある肉牛や乳製品が生産され、闘牛などの独自文化も息づ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら