6年連続5万本越え確実/八戸港コンテナ取扱量

コンテナ取扱量が6年連続で5万本を超える見通しとなった八戸港=28日
コンテナ取扱量が6年連続で5万本を超える見通しとなった八戸港=28日
2020年の八戸港のコンテナ取扱量(20フィート換算、空コンテナ含む)が、5万2千本前後となることが28日、港湾関係者への取材で分かった。6年連続で5万本の大台に乗るのは確実な情勢。新型コロナウイルスの影響で輸出入とも実入りコンテナの取扱量.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら