被告の鑑定留置請求取り下げ/八戸マノン放火未遂

八戸市の元劇場「八戸マノン」を燃やそうとしたとして、非現住建造物等放火未遂の罪に問われ、現在、青森地裁八戸支部で公判中の三戸町泉山、無職の男(50)について、被告の鑑定留置を求めていた弁護側が請求を取り下げたことが28日、分かった。弁護側は.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら