Free特殊詐欺で70代女性1800万円被害/青森署

青森署は28日、青森県内の70代女性が架空の料金請求で約1800万円をだまし取られる特殊詐欺事件が発生したと発表した。

 同署によると、10月14日から12月24日までの間、女性の携帯電話にNTTファイナンスの「ババ」や日本個人データ保護協会の「ミナミノ」を名乗る男から電話があった。「有料サイトの未納料金がある」「投資家と旅行代理店に損失があるので保険で補てんする」などと言われ、金銭の要求が続いた。

 女性は指示に従い、計18回にわたって現金自動預払機(ATM)で指定された口座に計1794万円を振り込み、だまし取られた。