韓国文学の書評コンクールで竹垣さん(八戸市)最優秀賞 小林市長に受賞報告

小林眞市長(左)に受賞の喜びを語る竹垣なほ志さん
小林眞市長(左)に受賞の喜びを語る竹垣なほ志さん
八戸市の会社員竹垣なほ志さんが、韓国文学の書評を寄せる「第12回K文学レビューコンクール」で最優秀賞を受賞した。路上生活者の男女の愛を描いた小説「中央駅」についてつづり、頂点を射止めた。竹垣さんは24日、市庁を訪れ、小林眞市長に「中途半端な.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録