Free朝のニュースダイジェスト(12月28日)

【岩手で9人がコロナ感染】
 岩手県などは27日、新たに盛岡、一関、奥州の3市に住む20~60代の男性9人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県内の累計は372人。

【前中(八学大)が女子1000メートル2位】
 みちのくスピードスケート競技会最終日は27日、YSアリーナ八戸で計5種目を行い、青森県ゆかりの選手では女子1000メートルの前中香澄(八学大)が大会新で2位に入った。

【青森県内で6人がコロナ感染 八戸は1人】
 青森県などは27日、6人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表。このうち八戸市では、市内を訪れた関東地方在住の30代女性の感染が判明した。県内の累計は428人。

【新年の平穏願い 八戸の龗神社でミニ山車設置】
 来年の干支「丑」にちなんだミニ山車が27日、八戸市内丸2丁目の龗神社に設置された。新年の平穏や新型コロナウイルス収束の願いを込めた山車が、参拝客を出迎える。

【雪の感触楽しむ 野辺地のスキー場にぎわう】
 青森県内は27日、高気圧に覆われ、各地で穏やかな天気となった。野辺地町地続山のまかど温泉スキー場は、家族連れや若者らのグループでにぎわった。