Free年末年始の休日夜間急病 八戸市保健所「必ず受診前に電話連絡を」

全国的に新型コロナウイルスの感染拡大が続く中で迎える年末年始。多くの医療機関が外来診療を休診することから、八戸市田向3丁目の市休日夜間急病診療所を受診する人の増加が予想される。市保健所は発熱など風邪の症状がある場合は「必ず受診前に電話連絡をしてほしい」と理解を求めている。

 通常、発熱など新型コロナの感染が疑われる場合は、県の指定を受けたかかりつけ医など「診療・検査医療機関」(指定医療機関)が相談や診察、検査を行っているが、年末年始は休診する医療機関もある。

 市保健所によると、かかりつけ医が休診の場合は、年末年始も24時間受け付けをしている「県新型コロナウイルス感染症コールセンター」が対応するほか、感染者と接触したなどの心当たりがある場合は、保健所に設置する「受診・相談センター」で相談を受け付けるという。

 また、発熱症状などで休日夜間急病診療所を受診する場合は、▽受診前に必ず電話連絡をする▽外で待機できるように、できるだけ自家用車を利用する▽診療の呼び出しを受けられるように携帯電話を持参する―など協力を呼び掛ける。

 年末年始は、大人数で長時間の会食を避けるなど3密の回避が重要になる。市保健所は「お互いを思いやり、個人レベルで感染予防策に努めてほしい」と注意を促している。

 休日夜間急病診療所の診療時間は平日が午後7時~同11時、12月31日~1月3日が正午~午後11時。連絡先は、八戸市休日夜間急病診療所=電話0178(20)7651=。青森県新型コロナウイルス感染症コールセンターはフリーダイヤル0120(123)801。