立民・田名部匡代氏「市議と対応を協議」 八戸市長選、立民判断が焦点の一つ

来年11月に任期満了を迎える八戸市長選を巡り、立憲民主党青森県連共同代表の田名部匡代参院議員は26日、本紙などの取材に対し、独自候補の擁立も含めて「市議と意見交換しながら対応を協議していく」との考えを示した。立民の前身となる旧民主党、旧民進.....
有料会員に登録すれば記事全文をお読みになれます。デーリー東北のご購読者は無料で会員登録できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら
お気に入り登録