天鐘(12月26日)

その昔、演歌に対しては、暗く、悲しい曲というイメージしか持てなかった。夜の盛り場、男と女、酒、涙…。決まって登場するキーワードはどれも重たく、聞くのがつらかった▼そうした印象が変わったのが、1982年の『北酒場』である。居酒屋に現れた一人の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら