全適効果で4年ぶり経常黒字へ/公立野辺地病院

北部上北広域事務組合は25日、運営する公立野辺地病院の本年度収支について、7300万円の経常黒字を見込んでいることを明らかにした。運営形態が地方公営企業法の全部適用(全適)に移行し、手術件数の増加などに取り組んだことが主な要因。同病院の経常.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら