【超高齢社会の先へ】第5部 未来を見つめて(2)

十和田市の駒らん情報めーるを配信する職員と行方不明者情報の画面。地域における見守りに役立てる(写真はコラージュ)
十和田市の駒らん情報めーるを配信する職員と行方不明者情報の画面。地域における見守りに役立てる(写真はコラージュ)
2025年には65歳以上の4人に1人が認知症患者になるといわれる中、認知症の人を社会全体で支える仕組みづくりが急務となっている。特に、症状の一つでもある徘徊(はいかい)による行方不明者の増加も懸念され、対策が講じられなければ高齢者の行き倒れ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら