22年度以降、実質黒字目指す 青い森鉄道が中期経営計画

青い森鉄道(千葉耕悦社長)は24日、青森市で取締役会を開き、2021~25年度の中期経営計画を承認した。経営改善に向け、新たな需要の掘り起こしに取り組み、22年度以降は青森県に支払っている線路利用料の減免を受けない実質黒字を目指す。 計画に.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら