【新型コロナ】陰性後、健康観察中の濃厚接触者 死後に陽性判明/青森市

青森市は23日、新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者として市内で健康観察を行っていた人が死亡し、死後のPCR検査で陽性が判明したと明らかにした。青森県内では初めての事例だが、新型コロナが死因ではないという。市は遺族の意向として、年代と性別、.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら