最終盤、サバ1000トン超水揚げ/八戸港

大中型巻き網船団によるサバの水揚げ=22日、八戸市第1魚市場
大中型巻き網船団によるサバの水揚げ=22日、八戸市第1魚市場
宮城県の金華山沖で操業した大中型巻き網船団の5隻が22日、サバ1010トンを八戸港に水揚げした。三陸沖のサバ漁は年々遅れる傾向で、漁期の最終盤ながら、サイズは350グラム以上の大型が主体で脂の乗りも良好。市場関係者は「本格的な群れに当たった.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら