【斗南藩ゆかりの地探訪】(6)倉沢平治右衛門屋敷跡(五戸町)

「中ノ沢塾」が開かれていた倉沢平治右衛門の屋敷跡。優秀な門下生を多数輩出した=五戸町中ノ沢
「中ノ沢塾」が開かれていた倉沢平治右衛門の屋敷跡。優秀な門下生を多数輩出した=五戸町中ノ沢
斗南藩の最初の藩庁となった旧盛岡藩五戸代官所跡から南西に約1キロ。五戸町中ノ沢の木々が生い茂った小高い丘に、会津から移住してきた倉沢平治右衛門の屋敷跡がある。 倉沢は会津藩時代、公用方として藩主の松平容保(かたもり)を補佐し、容保からの信頼.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら