天鐘(12月20日)

学名「ククルス カノルス」は音楽的との意味を含む。野山で美声を響かせるカッコウのことである。農作業の始まりを告げる「種まき鳥」とも。冬は始まったばかりだが、春になると再び南方から飛来する▼愛らしさに反して、子育ては人任せ。モズなどの巣を見張.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら