Free朝のニュースダイジェスト(12月20日)

【100歳以上の高齢者、初の100人超】
 八戸市内に住む100歳以上の高齢者が12月上旬、初めて100人を超えた。国内の100歳以上は8万450人(9月15日現在)で全国的にも長寿化の傾向にある。

【縁起物の準備進む】
 八戸市鮫町の蕪嶋神社(野澤俊雄宮司)で、年末年始に向けて、神職らが縁起物の準備を進めている。

【中村さん(工大一高)3位】
 第21回東北地区高校将棋新人大会(東北地区高校文化連盟将棋専門部主催)が19日、盛岡市で開かれ、女子は工大一2年の中村叶愛さんが3位に入った。

【ワッツ、3試合ぶり勝利】
 バスケットボール男子Bリーグ2部東地区の青森ワッツは19日、弘前市で山形ワイヴァンズと対戦し、74―73で競り勝った。3試合ぶりの勝利で、通算成績は3勝18敗。

【一部工作物の解体、撤去開始へ】
 田子町と二戸市にまたがる県境の産業廃棄物不法投棄問題で、岩手県は19日、原状回復対策協議会を開き、2021年度に一部の工作物の解体、撤去を始める方針を確認した。