Free朝のニュースダイジェスト(12月19日)

【無形文化遺産決定で歓喜】
 二戸市の漆搔き技術を含む「伝統建築工匠の技」が、ユネスコの無形文化遺産に登録されることが決まってから一夜明けた18日、関係者からは歓喜の声が聞かれた。

【工大一24連覇】
 第73回青森県高校スケート選手権アイスホッケー競技最終日は18日、テクノルアイスパーク八戸で決勝を行い、工大一が八戸工に9―0で大勝し、大会24連覇を果たした。

【ブレイズ田中が引退会見】
 アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズ前主将で、今季限りで現役を退くFW田中豪(37)が18日、リモート会見を行い、ファンやチーム関係者に謝意を示した。

【新巻きザケ作り佳境】
 年末年始の贈答品として親しまれる新巻きザケ作りが、北奥羽地方で佳境を迎えている。

【海中転落か、久慈の乗組員不明】
 18日午前0時55分ごろ、宮城県沖を航行中の貨物船から乗組員が行方不明になったと118番通報があった。久慈市の甲板員男性(49)で、八戸海保が海域を捜索している。