漆掻き登録決定に地元二戸沸く/ユネスコ無形文化遺産

地元の子どもたちと一緒にくす玉を割って登録決定を祝う工藤竹夫会長(左)と藤原淳市長(右)=18日、二戸市役所
地元の子どもたちと一緒にくす玉を割って登録決定を祝う工藤竹夫会長(左)と藤原淳市長(右)=18日、二戸市役所
日本一の漆の産地が喜びに沸いた。二戸市の漆搔(か)き技術を含む「伝統建築工匠の技 木造建造物を受け継ぐための伝統技術」が、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産に登録されることが決まってから一夜明けた18日、関係者からは「技術が世界.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら