中間貯蔵共用案に「積極的に参画」関電社長

関西電力の森本孝社長は18日の記者会見で、電気事業連合会が検討する使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の共用について「高い関心がある。積極的に参画したい」と述べた。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら