忘年会低調、テークアウトに活路/飲食・ホテル業

忘新年会シーズンの苦戦が続く飲食・ホテル業界は、感染予防の強化やテークアウト販売で需要喚起を図る(写真はコラージュ。上から時計回りに、お重の注文に対応する八戸プラザホテル、テークアウトや宅配をPRする金剛グループの担当者、サーマルカメラを設置した八戸パークホテル)
忘新年会シーズンの苦戦が続く飲食・ホテル業界は、感染予防の強化やテークアウト販売で需要喚起を図る(写真はコラージュ。上から時計回りに、お重の注文に対応する八戸プラザホテル、テークアウトや宅配をPRする金剛グループの担当者、サーマルカメラを設置した八戸パークホテル)
新型コロナウイルスの影響で忘年会の苦戦が続く北奥羽地方の飲食・ホテル業界が、少人数での宴会や新たなテークアウト販売を企画して需要喚起を図っている。忘新年会を中止した企業や団体向けに、特製お重のプランが登場。宅配料理を充実させ、不振の宴会分を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら