【中間貯蔵共用検討】関電救済の狙い明らか むつ市長「地元軽視」

むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の共同利用案を巡り、記者会見する宮下宗一郎市長=17日、むつ市役所
むつ市の使用済み核燃料中間貯蔵施設の共同利用案を巡り、記者会見する宮下宗一郎市長=17日、むつ市役所
電気事業連合会が検討着手の方針を示した、原発を運営する電力会社による使用済み核燃料中間貯蔵施設(むつ市)の共用策。池辺和弘会長は「業界全体で貯蔵の補完性、柔軟性を高める」と意義を強調するが、福井県から原発の再稼働同意の前提として、県外搬出先.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら