【プルサーマル計画後退】再処理工場フル稼働できない恐れ

使用済み核燃料再処理工場(六ケ所村)などで取り出したプルトニウムを通常の原発に使うプルサーマル計画の実質後退を17日に表明した電気事業連合会。だが、原発再稼働が進まない中で新たな計画の足元は脆弱(ぜいじゃく)だ。プルトニウム保有量削減という.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら