ドクヘリ広域連携、出動要件緩和を 北奥羽開発促進協議会が青森県に要望

ドクターヘリの柔軟な運用を求める小林眞会長(左から2人目)=16日、青森県庁
ドクターヘリの柔軟な運用を求める小林眞会長(左から2人目)=16日、青森県庁
青森、岩手、秋田の3県によるドクターヘリ広域連携について、北奥羽開発促進協議会(会長・小林眞八戸市長)は16日、救急要請を受けた消防本部の判断で最も近い県のドクターヘリを要請できるよう、要件の緩和を青森県に要望した。小林会長は「ヘリの持つ機.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら