八戸高専・自殺未遂問題 第三者委、報告書まとめる「学校の対応に問題」

同級生の父親から脅された八戸工業高等専門学校の男性が2017年、飛び降り自殺を図って下半身不随となり、自主退学を余儀なくされた問題で、同校が設置した第三者委員会が「学校側の対応に問題があった」との報告書をまとめたことが16日、分かった。 今.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら