ごぼう茶入りプリン開発など学習成果を市長に報告 三沢商業高生が特産品研究

小桧山吉紀市長(手前)に課題研究学習の成果を報告する生徒
小桧山吉紀市長(手前)に課題研究学習の成果を報告する生徒
青森県立三沢商業高(嶋雅樹校長)の商業科、情報処理科の3年生6人が10日、三沢市役所に小桧山吉紀市長を訪ね、同市の農産物や特産品を生かした食品の開発・改良、販売に取り組んだ、本年度の課題研究学習の成果を報告した。生徒たちは食品の特徴や活動時.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら