時評(12月15日)

75歳以上が加入する後期高齢者医療制度で、政府は窓口での自己負担を1割から2割へ引き上げる対象者を「単身世帯の年金収入で200万円以上」と決め、全世代型社会保障検討会議の最終報告に盛り込んだ。 少子高齢化が進む中で医療費を支援する現役世代の.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら