天鐘(12月15日)

思想家の柳宗悦(なやぎむねよし)は日常で使う道具の中に美を見いだした。その美しさは、人の手が作るからこそと言っている。機械とは違い、手の奥には心が控える。熱き心が人の手を動かすと、柳は説く▼盤上に打ち込む渾身(こんしん)の一手。奥に控える心.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら