衆院議長日数、大島氏歴代単独1位 「時の巡り合わせ、ご恩のおかげ」と謝意

記者会見に臨む大島理森衆院議長=11日、国会
記者会見に臨む大島理森衆院議長=11日、国会
大島理森衆院議長(74)は12日、通算在任日数が2030日となり、明治憲法下の帝国議会を含めて歴代最長を更新した。これまで最長の河野洋平氏(83)を抜き、単独1位となった。大島氏は11日、国会内で記者会見し、平成から令和をまたぐ約5年8カ月.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら