時評(12月12日)

2021年度の与党税制改正大綱は、小粒の減税一色となった。減税総額は600億円規模を見込む。コロナ禍支援として税制面からも家計や企業の負担軽減を図る。50年をめどとする脱炭素化や政府のデジタル化推進を税制面で後押しする企業減税も目立つ。 コ.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら