【新型コロナ】七戸病院に発熱外来のプレハブ設置 11日運用スタート

公立七戸病院で供用開始した発熱外来施設=11日午後1時30分ごろ
公立七戸病院で供用開始した発熱外来施設=11日午後1時30分ごろ
七戸町の公立七戸病院(小野正人院長)は11日、プレハブの診察室を敷地内に設置し、発熱外来を開始した。発熱患者と一般患者の動線を分けるのが目的で、新型コロナウイルスなどの感染拡大を防ぐ。 診察室は鉄骨平屋約40平方メートルで、青森県の補助金を.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら