時評(12月9日)

関西電力大飯原発3、4号機の設置許可を取り消す判決を大阪地裁が下した。原発の耐震性判断の根幹となる「基準地震動」を巡る原子力規制委員会の審査自体を「看過し難い過誤、欠落がある」と断じた。 東京電力福島第1原発事故の後に策定された新規制基準。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら