時評(12月8日)

日本の探査機「はやぶさ2」のカプセルがオーストラリア南部の砂漠に着地した。6年、52億キロに及んだ小惑星りゅうぐうへの往復の旅はひと区切りついた。2010年に帰還した初代はやぶさに続き、太陽系の大航海を成し遂げた高度な技術の成功を祝いたい。.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら