市総合体育館21年度末閉館 耐震性に問題、解体へ

三沢市は7日の市議会条例等審査特別委員会で、耐震性に問題のある市総合体育館について、2021年度末で閉館する予定と報告した。時期は未定だが解体する方針で、米田光一郎副市長は、総合体育館や隣接する市所有の旧自衛隊桜町特借官舎を解体、さら地にし.....
デーリー東北のご購読者は無料で会員登録すればご利用できます。
ログインの方はこちら
新規会員登録の方はこちら